保湿ケア?UVケア?腕脱毛の施術後にすべきスキンケア


脱毛効果をアップさせるための保湿ケア

腕脱毛の効果のあらわれかたには個人差があり、肌が乾燥すると脱毛効果が出にくくなる傾向にあります。肌が乾燥するとバリア機能が衰えてターンオーバーが不活発になり、それに伴い毛周期も乱れます。ターンオーバーが活発な健康な肌の場合は2ヶ月程度の毛周期となりますが、ターンオーバーが不活発で不健康な肌だとムダ毛が生え変わるサイクルが乱れてムダ毛の成長が遅れます。その遅れが脱毛効果の出にくさにつながりますので、腕脱毛の施術を受けた後は丁寧な保湿ケアをして乾燥を防ぎましょう。肌が潤うと角質が柔らかくなり、皮膚の中にムダ毛が埋まる埋没毛の予防効果も期待できます。

皮膚トラブルを防ぐためのUVケア

脱毛の大敵は紫外線です。紫外線によるダメージを受けて色素沈着が生じている肌は火傷のリスクが伴いますし、施術時に痛みが出やすくなるという問題もつきまといます。腕脱毛における肌トラブルを防ぎたいなら、紫外線から肌を守るためのUVケアが必須です。腕は日焼けしやすいパーツですので、半袖やノースリーブのトップスで外出する際はPAやSPFなどの数値が高い日焼け止めクリームを選んでこまめに塗り直すべきです。日傘をさして物理的な紫外線対策をするのも効果的です。日焼けをすると脱毛機の照射レベルを下げなければならなくなり、それによって脱毛効果が弱まってしまうこともありますし、色素沈着を起こしていたり赤みが生じていたりする場合は、脱毛の施術を断られてしまうこともありますので気をつけましょう。

腕のムダ毛に悩んでる人は、腕の脱毛処理を行うと良いです。脱毛処理を行うことで腕が綺麗になり、気持ちも良くなります。