その食生活がagaの原因かも!?薄毛になりやすい食生活4選


好きな物ばかり食べる

自分が好きな食べ物って、ついつい食べ過ぎてしまうんですよね…。ストレス発散のためだったり自分へのご褒美のためだったりと、何かと好きな物ばかり食べている人は、agaになってしまう可能性があるため注意が必要です。同じものばかり食べていると栄養が偏ってしまい、髪の毛が育たなくなってしまうため、気を付けましょう。

ダイエットをして食べる量を減らしている

痩せたい一心で食べる量をセーブしている人もagaになる可能性があります。食事制限していると、育毛のための栄養が不足してしまうのです。髪の毛に栄養が行かず、毛が育つどころか抜けてしまうこともあります。ダイエットで理想の体型になったけど頭髪が薄くなってしまった!なんて事態は避けたいものです。

おやつをたくさん食べてしまう

おやつを大量に食べてしまう人も要注意です。おやつは、ちょっとした息抜きにはちょうどいいですが、たくさん食べてしまうと髪の毛に悪影響を与えてしまいます。とくに油分が多いスナックや塩分が多いおやつには注意しましょう。血の流れが悪くなり、薄毛に繋がる可能性があります。おやつは食べすぎずに、ちょっとつまむ程度にしましょう。

アルコールの飲みすぎ

お酒が好きで、毎日のように晩酌をしている人も少なくありません。適度な飲酒は血流を良くし、リラックス効果も期待できるため、身体に良い影響もあります。しかし、アルコールを摂取しすぎると薄毛が進行してしまう可能性があるのです。アルコールを摂取すると、分解するときにアセトアルデヒドという物質が生じます。分解しきれなかったアセトアルデヒドは、血流を巡り、髪の毛に行くはずの栄養素を押しのけてしまうのです。過度な飲酒は薄毛の原因になるため注意しましょう。

agaは男性だけの症状ではなく、女性でも発症するケースがあります。京都には女性専用のカウンセリングを行っているクリニックもあるようです。agaを京都のクリニックで相談するとよいでしょう。