agaかもしれないと思ったら!?まずはこれらの対策を実践しよう


agaの対策は食生活を整えることから

規則正しい生活を実現するには、食事の時間を明確に決めておくことがポイントです。それにより生活リズムが改善し、agaの進行を予防できるのです。agaは遺伝性の薄毛と言われていますが、他の悪習慣が絡み合うことで進行が加速します。特に食事の時間、就寝時刻が不安定な人は薄毛になりやすいので注意してください。

朝食を食べない人は薄毛になりやすいと言われますが、これは髪に必要な栄養が欠乏するからです。栄養素は複数回に分けて摂取する必要があるので、1日1~2食にすると非効率になります。例えば1日の五大栄養素の摂取量が同じであれば、食事回数は2回より3回のほうがいいわけです。あとは偏食や暴飲暴食に注意し、栄養バランスが崩れないようにします。

早期発見と対策が何よりも大切です

agaは進行が進むほど対策が難しくなり、年齢相応の毛量まで復活できなくなる可能性があります。だからこそ早期発見が必須であり、抜け毛の増加が長期化してきたらagaを疑ってみることが大切です。体調不良や季節の変わり目などのタイミングでは、ひと月くらい抜け毛が増えることがありますが、3~6か月以上も続くようであれば他の理由があると考えるべきでしょう。

完全に頭髪がスカスカになってしまうと、医療機関やサロンからカツラの装着を勧められることがあります。しかしカツラを着用すると、少なからず蒸れが生じるので頭皮にはよくありません。そのためカツラを使用しなくてもよい段階から、aga対策を始めておく必要があるわけです。

agaを横浜で治療するなら、健康保険が適用されるか事前に確認しておきましょう。一般的にagaは自由診療になりますが、もしも疾患が薄毛の原因ならば、治療費は健康保険が適用されます。