結婚式に参加!ゲストはどんな服装で行くべき?


露出しすぎないように注意!

結婚式はとてもフォーマルな場です。新郎新婦を心から祝う場所であり、多くのゲストが集います。ゲストの中には、新郎新婦の上司やお世話になった人たちもいるため、品のあるファッションを心がける必要があります。よって、露出しすぎないように注意しましょう。たとえば、ワンピースを着る場合、腕を全て出すのはおすすめできません。ノースリーブを選んだら、ボレロなどを羽織って露出度を下げてください。上から羽織りたくない場合は、袖のあるタイプを選ぶのがおすすめです。スカート丈にも注意しましょう。短くても膝上数センチのものを選んで、派手な印象にならないように気をつけます。

白色はNG!色選びは慎重に

結婚式に参加する際、基本的にはどんな色のアイテムを選んでも問題ありません。しかし、白色だけは避けるべきです。結婚式において、白色は新婦が着る色なのでNGです。式場全体が華やかになるように、ピンク系やブルー系、グリーン系といった鮮やかな色を選ぶことをおすすめします。

つま先の出る靴は履かない!

結婚式に着ていく服を決めたら、靴も選びましょう。結婚式に適した靴は、基本的にパンプスです。ただし、つま先のあいたデザインは避ける必要があります。もちろん、サンダルやスニーカー、ブーツなどもNG。ただし、カジュアルな結婚式に参加する際は、より自由度の高いケースもあります。たとえば、ガーデンウェディングの場合、サンダルが推奨されることも考えられるでしょう。この場合、新郎新婦が希望するドレスコードを重視してください。

クールスカルプティングというのは、脂肪細胞を凍らせその数を減らすことで、体重の減少を期待することができる痩身技術のことです。