経営者を悩ます人材不足の解消には徹底したマニュアル化が有効


社員の適性をみて効率化を図る

「言われたことしかしない」や「いつも指示を待っているだけで自分から動かない」などは経営者がよく口にする言葉です。確かに適切な判断をし、自発的に行動してくれれば経営者としては非常に助かります。他の会社の社員はみんなそうしているように見える場合も少なくありません。しかし、逆に考えれば言われたことは真面目にこなしてくれて、指示さえ出せば動いてくれるととることも出来ます。

マニュアル化が人材の有効活用のカギ

そこで大切な事はマニュアル化です。マニュアルをつくっておけば事前に指示を出しているのと同じ状態を作りだすことが出来ます。仕事を可能な限りマニュアル化することで逐一指示を出す必要はなくなり、時間や社員の能力を効率的に活用することが出来るようになります。

マニュアルは経営者の能力のバロメーター

マニュアルを作るのは簡単ではありません。経験に従いあらゆる状況を想定して作成しておかなければ絶えずマニュアル外の事態が起こってしまいます。そういったことが多ければ多いほどマニュアルでは対応できないことが増えるので機能的なマニュアルとは言えません。このような事態を避けるためにはマニュアル外の事態が最小限に抑えられるように起こり得る状況を広く想定しなければいけません。また、個々の社員が持つ能力を把握しておくことも大切です。経営者としての能力が問われる作業でもあります。社員を効率的に活用できるかどうかが適切なマニュアルを作成できるかどうかに大きく関わってくる場合は、経営者のマニュアル作成能力が人材不足の解消に繋がります。

会員制医療倶楽部に入会すれば、定期的に健康チェックを行えるようになります。また何かしら病変が見つかった際は、信頼できる医師の元で治療が受けられます。